英語を使う仕事で活躍する人の増加

最近は英語を使った仕事を通じて、活躍する人が多くなり始めているのではないかと推測されています。従来に比べてこうした特徴のある仕事が豊富に存在しているため、英語を駆使して仕事したいと希望する人が、その要望を叶えられているのではないかと思います。

英語を使いながら仕事を進めていくことは、近年普遍的なものとして認識されています。そのため、幅広い業界や領域で、英語を活用する人材が求められるようになり始めていると言えるのではないでしょうか。 続きを読む

英語の実力が伸び悩み苦しい思いをしている

どうしても英語を使えるようになりたいのになかなかそうなれなくて苦しい思いをしています。いままでに参考書も何冊も買って毎日のように勉強もしています。

インターネットで情報を調べて効率の良い勉強法を調べて実践したりもしました。海外ドラマを見ながらシャドーイングをしたり、瞬間英作文をやったりもしました。ライティングの能力をあげるために毎日英語で日記を書いたりもしました。

それらはある程度の能力をわたしにもたらしてくれましたが英語を話せるというレベルにまでは導いてくれませんでした。このように伸び悩んでいるのは決定的に英語圏の人たちと話すという実践的な訓練が足りていないせいだと感じています。 続きを読む

子供の英語の勉強で懐かしさにひたる

学生時代、私は英語が好きでした。英語の先生の授業が面白く、よく勉強そっちのけで海外旅行へ行った話などをしてくれました。その話はすごく楽しくて行った事のない国に憧れを持てるようでワクワクしていました。「いいか、英語を覚えて海外へ行った方がいいぞ。色々な視野が広がるし、いい経験になるぞ」その先生はいつもそんな感じで英語の大切さを教えてくれました。

海外の楽しそうな話に惹かれた私は、それ以来英語を覚えて将来海外へ行こうと思い英語の勉強に夢中になりました。その頃は英語の通訳者を夢見てよく勉強したものです。 続きを読む

英語はとても特徴のある言語だと思います

英語を勉強していて気がついたことがあります。それは英語には癖があるということです。日本語のほうが癖がなくて使いやすいとも思いました。英語が苦手な子供はこの癖にやられているのではないでしょうか。それが分かってしまえば後は勉強は簡単になると思います。

英語はやればやるだけ上達をする学問です。毎日の努力がものをいうのです。時間をかけてじっくりと能力を形成していくことが大切ですね。 続きを読む

幼少期からの英語学習についてのあれこれ

近年、英語は小さい頃から始めた方が良いという意見が強くなってきた。一昔前は、日本語がしっかり確立してから第二言語を学習しないと日本語が疎かになるという意見が強かったが、ハーフの子や多言語で育つ海外などの様子を見ていて、そんなことを言っているから日本は英語に関して「発展途上国」と言われてしまうと、意見が少しずつ変わってきた。

それに伴って、英語幼稚園や幼少期からの英語塾などが増えてきた。かく言う私も、英語が55パーセント、日本語45パーセントという小学校に勤めた経験を持つ。図工や音楽といった専科だけでなく、国語を除く算数などの主要教科の一部も英語で行うイマージョン教育だ。 続きを読む

英語が簡単に思える錯覚を体験するには

日本人の多くの人は英語が苦手で難しいと感じているのではないかと思います。英語は日本語と比べても単語も文法も関連性がないものが多く、発音なども日本語にないものもあるのでかなり努力して習得しないといけないという意識があるのではないでしょうか。

私自身も中学、高校、大学と勉強してきたのにまるで英語が使えないという感覚があり、難しいと感じることばかりだったと思います。しかしあるときそんな英語が簡単に錯覚するということがありました。それは英語以外の言語を勉強してみるということです。英語は義務教育でどんな人でもある程度の基礎はできています。 続きを読む

英語とは社会に出てからが面白い

英語は中学・高校で6年、大学で4年、合計で10年学びましたが学校で学ぶ英語はとにかく面白くありませんでした。

学校で学ぶ英語は文法をマスターし、語彙を増やした上で英文を読んで正解を得て高い点をとることが最終目的なので、会話に割かれる時間が全くありません。英文を読んで正解を得るということは、言語が英語になっただけである意味国語の授業と何ら変わらず、これでは面白い筈がありません。

学校では会話に全く時間が割かれていませんから、社会に出て突然街中で外国人に英語で話しかけられても何も答えられず、ジェスチャーもしくは「yes」か「no」でしか答えられません。 続きを読む

会社の教育の一環で英会話を習いました。

会社の教育の一環で英会話をやりました。方法は、オンライン英会話(スカイプ英会話)でした。決められた時間パソコンの前にイヤホンとマイクをセットして、講師と会話するというものでした。

グループレッスンでしたので、顔は見えませんが、音声だけで複数の生徒と講師が一人会話をしました。それまでオンライン英会話はやったことがなかったので、最初は少し緊張もしましたが、すぐにおもしろいと感じるようになりました。

顔が見えないので、声だけで相手の意図することを理解しようとするので、実際に顔を合わせて行う英会話よりも難しいのかなと思いましたが、それが逆に集中して聞き取ろう、話そうという気持ちになり、やる気にもつながりました。 続きを読む

通勤時間の英語学習に問題多し!?

忙しい社会人にとって、語学や資格の習得に掛けられる時間って、見つけるのが大変ですよね。私自身、TOEICのテストを受けるための英語学習をする時間を探すのが大変です。家に帰れば家事が待っているし、就業時間中はもちろん無理。

片道1時間かかる通勤時間は、絶好の英語学習タイムです。最寄り駅が始発駅なので、電車内ではほぼ座ることができるので可能なのかもしれません。

TOEIC用の教本や例題集を買って、頑張っています。ただ、通勤時間の英語学習にはいくつか難しいこともあります。まずひとつ目は、音読ができないこと。口に出して実際に発音することが英語学習には近道ですが、人前では難しいです。ふたつ目は音が聞き取りにくいこと。 続きを読む

ぶらり東京旅行へ行った時の体験談です

先日、ぶらっと新幹線で東京へ旅行しに行きました。東京以外に鎌倉もいったんんですが、さすがに観光名所なだけあって何処も外国の人が多い、多い!田舎者の私はそれだけでもびっくりしていたわけですが・・・。切符を買っていた時にアメリカ人の二人組に英語で電車の乗り換えについて尋ねられてしまいました。

アメリカ人の人も必死にジェスチャーを加えて話すのですが、英語は中学、高校レベルな私はあたふたして頭が真っ白の「what?」状態でした。もう一度聞きなおしてみたものの、本場の英語は早くて全然聞き取れない! 続きを読む